男女共同参画の推進

平成11年に「男女共同参画基本法」が制定され、10年余りが経過しました。この間、多くの分野において様々な取組がなされてきましたが、女性の社会進出や優遇措置に問題が特化されたり、フェミニズムと混同されたりしていて、本質が見えなくなってはいないでしょうか。男性にとっては若干尻込みしたくなる言葉になっているかもしれません。

働き続けたい女性は増加傾向にありますが、家事や子育てを支援する社会の体制が整っていないため、結婚や出産が負担となり、晩婚、未婚、少子化の問題が浮上してきました。逆に男性も、家事や育児に積極的に関わりやすいよう職場や社会の環境や意識が変わったとは、まだまだ言えない状況です。

いずれにしても、男女共同参画社会の実現にはいましばらく時間がかかるようです。

男女共同参画とは、男性だけ、女性だけの問題ではありません。男性だから、女性だからという固定観念に捕らわれることなく、男女双方の意識改革が必要なのではないでしょうか。

KiRALiは男女共同参画が正しく社会に理解される活動をすすめながら、育児支援やワーク・ライフバランスとの連携も含めて様々な観点から問題解決に臨み、男女共に一人一人が幸せを感じられる社会を目指していきます。

助成金情報

鳥取県男女共同参画センター「よりん彩」
女性も男性もあらゆる分野で個性と能力を発揮し、
共に参画できる「男女共同参画社会」の実現を目指す拠点施設です。
お気軽にご利用ください。
鳥取県男女共同参画センター「よりん彩」

  • 子育て支援
  • イクメンの啓発・推進・養成
  • SB/CBの推進
  • ワークライフバランスの推進
  • NPOの活性化と連携の推進
  • 男女共同参画の推進
  • 人材育成
  • イベントの企画運営
  • アグリアル事業